紅水の器
 
 

毎日が

深淵の闇の奥

暗い青洞

くぐり抜け


無色の己に気づくころ

やがて

辿り着くだろう

現実の枠の中からはみ出して

己の色へと染めていく

架空の水面上へ



ほのかに灯る


紅を残して
 



2009. 硝子、銅 / 作家蔵
Glass. Copper / The artist

 

朱濡音

 

眩しい光に

誘われて

仮面をかぶる 毎日に

孤独を味わう

時がある


静止の時



そっと足を踏み入れる

現実という

枠からはみ出して

夜の露に

赤茶色に濡れていく

深淵の闇の奥

架空の水面上へ


波紋と共に


腐敗する




音を残して

 

2005. 120 × 200× 250 cm 

真鍮、アクリル、 パステル / 作家蔵

Brass . Acrylic , Pastel / The artist

白い錆

 

奇麗を装う毎日に
少し疲れた日々がある

ふと気がつくと

乾いた空気に

触れている


やがてさまよい続けるだろう

現実という

枠からはみ出して


真白な

無心の境地

架空の水面上へ


わずかに腐敗する

波紋を


残して

 


 

2005. 300 × 252 × 238 cm 

真鍮、銅 / 作家蔵
Brass . Copper / The artist


 

 

  三寸指紋

     

    日々積み重ねていくもの

    それが、私のとって指紋である

    未だ未熟な自分を三寸として見出している



    毎日が

    指紋のような

    空気に覆われる


    たった三寸で



    どこへ行くの


    やがて指紋は

    静止する


    架空の水面上へ

    波紋の枠を



    はみだして

 

 

 

    2003 . 30 × 190 × 25 cm 真鍮 / 作家蔵
    Brass / The artist


 

水鏡の糸

 

繰り返される日常


ふと気がつくと 私は覗いていた

 


現実という 枠の中からはみ出して

 

夜の水面上に広がる

波紋とともに浮かび上がる 自分自身を

様々な装飾を解き放つ

成熟した 鏡の中に



それは無になる為の大切な場所

私にとっての至高の時

それは無心に返ること

そして自分を素直に映し出す


真夜中の水鏡


 


2003 . 45 × 171 × 152 cm 硝子、鉄

東京ラヂヱーター製造株式会社蔵

Glass. Iron / Tokyo radiator corporation

 

 

 English    Sound

霧の消息
 

 

日々の生活が染まりつつ

 

無色の己を振り返る

 

生の意味を問い続け

 

 

全ての色が眠る頃

 

 

やがて映るだろう

 

己の色をはみだして

 

架空の水面上へ

 

 

 

そこは静寂した霧の中

 

己の色を改めて

 

曇りの無い色を映し出す

 

そして繰り返すだろう

 

わずかに染まる

 

 

 

波紋を残して

 

 

 

 

2015. 45 × 260 × 125 cm 

硝子、銅 / 作家蔵

Glass. Copper / The artist